親知らずの抜歯・口腔外科

抜いた方が良い親知らず、抜かなくても良い親知らず

親知らずは不必要な歯というイメージがありますが、上下4本とも真っ直ぐ生え、尚且つ噛み合わせや虫歯の問題がなければ、抜く必要はありません。

しかし、斜めから生えていたり、横向き中途半端に生えてきている場合などは、親知らずの周囲が歯肉炎になったり隣の歯が虫歯になってしまうといったトラブルの原因となるため抜きましょう。

また当院では、噛み合わせを整えるためにも、10代の早いうちに親知らずを抜くことをおすすめしています。

治療時間は約30分!
なるべく痛みを抑えた抜歯を行っています



不必要な歯と知りつつも、歯を抜くことに抵抗感をお持ちの患者さんが多いものです。
また、顔が驚くほど腫れた・何時間もガリガリやられたといった体験談を聞き、抜歯に恐怖感をお持ちの方も多いようです。

しかし当院では、正しい場所に麻酔を打ち手早く行うため、ほとんどのケースでは麻酔開始から約30分で抜歯は終了します。

皆さん「こんなものか」とおっしゃるほど極力痛みも抑える努力をしておりますので、抜歯を検討中の方は当院にご相談ください。

親知らずの抜歯で良くあるトラブル

親知らず抜歯後には、

  • 抜歯後に多量の出血が止まらない
  • ドライソケット
  • 痺れ・麻痺が残る

といった後遺症やトラブルが報告されています。

これらトラブルは、正しい知識と確かな技術を持ち合わせていない医師が抜歯を行うことで起こっているのですが、
当院ではこのようなトラブルがないよう一人一人異なる口腔内を時間をかけ診断し、正しい治療を行っております。

また、抜歯後に強くうがいをすることで、抜歯後に固まった血液が剥がされてしまい、
骨がむき出しになることで起こるドライソケットと呼ばれる痛みも良くあるトラブルのひとつです。

当院ではドライソケットを起こさないよう、抜歯後も痛みが少なく快適に過ごせるような指導もしっかりと行うため、ご安心ください。

口腔外科

大学病院の口腔外科に在籍経験のある院長が、口腔外科疾患を正しく診断いたします。

当院で治療が可能なものにかんしては当院で治療を。
当院での治療は難しいと判断したものにかんしては、大学病院・総合病院をご紹介いたします。

Doctors File
ブログ もりわき歯科医院予防サイト
お問い合わせ 電話番号:03-3220-8877