一般歯科・小児歯科

なるべく痛みが少なく、なるべく歯を残す治療

痛みの少ない治療への取り組み

なるべく痛みの少ない治療を心がけていることから、痛みを伴う治療の場合は麻酔を使用します。しかしながら、患者さんのなかには、麻酔そのものが怖いと感じる方も少なくありません。そのため当院では、麻酔の注射前に歯茎に表面麻酔を塗布することで、麻酔そのものの痛みも軽減いたします。

歯を残す治療への取り組み

当院では、なるべく神経を抜かない治療を一番に心がけています。その理由は、どんなに歯がボロボロであっても、神経を残すことで将来的に歯を残せる可能性が高まるからです。さらに歯を残すためには、むし歯の治療と併せて歯周病治療を行っていただくことが重要だと、当院では考えております。歯科医師が治療を、歯科衛生士が歯周病治療を行うことで、なるべく歯を残すお手伝いをいたします。

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは、歯と歯茎の境目に溜まった汚れに細菌が蓄積することで起こるお口の病気で、成人の約8割が感染しているといわれています。歯周病は放置しておくと歯の土台である骨が溶けてしまい、やがて歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。
歯周病治療に欠かせないことは、お口のなかの細菌を除去し清潔に保つこと。毎日の歯みがきや定期的な歯科医院でのクリーニングが、大切な歯を守ることに繋がります。

歯周病治療の要はブラッシング

歯周病治療は、特別な治療が必要なわけではありません。毎日の正しいブラッシングこそが治療になるのです。もちろん患者さんの症状に合わせてクリーニングや殺菌といった治療を行いますが、それ以上に正しいブラッシング方法を患者さんに身につけていただくことを当院では大切にしています。専任の歯科衛生士が皆さんのお口の状態を拝見し、磨き残しの癖などをチェック。患者さん一人ひとりに合った指導を行います。

根管治療(根っこの治療)

根管治療とは?

むし歯が歯髄(神経や血管)にまで到達してしまうと、強い痛みが生じたり、歯茎が腫れたりします。これら歯髄は既に死んでしまったものであることから、歯の土台を守るためにも歯髄を取り除き、中を消毒して綺麗します。
※この段階では抜歯を行うことはありません。根管治療終了後は、義歯を作製して蓋をします。

根管治療で重要なこと

歯の健康を考えると、根管治療はなるべくなら行わない方が良いとされています。しかし病状が進行しており、どうしても行わなければならない場合は、丁寧にしっかりと根管内の細菌を除去する必要があります。根管に細菌が入り込んでしまうと、痛みや腫れといったトラブルの元になるため、最初に神経を抜く段階で、いかに丁寧な治療を行うかが重要になります。

子どものむし歯予防
フッ素塗布を無料で行っています!

当院では、子どものむし歯を予防するべく、「フッ素塗布」を無料で行っています。フッ素はむし歯の予防効果が認められているため、定期的に歯科医院にてフッ素塗布を行うことが、お子さんの歯の健康を守ることに繋がります。その他、磨きにくくむし歯になりやすい奥歯のむし歯を防ぐ「シーラント」やブラッシング指導も行っております。
※フッ素塗布は無料ですが、別途診察料がかかります。

Doctors File
ブログ もりわき歯科医院予防サイト
お問い合わせ 電話番号:03-3220-8877