歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった場合の3つの治療方法

歯が抜けてしまった場合、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3つの治療の選択肢があります。これらの治療方法はどれが一番良いということは断言できず、患者さんの年齢やお口の状況によって異なります。また、自費の入れ歯やインプラントは保険適用外のため、費用との兼ね合いも考える必要があります。
そのため当院では、まずは各治療法のメリット・デメリットについて丁寧に説明することをお約束。そのうえで治療方法を決定するため、どのような治療方法が良いか悩んでいる方は、一度当院までご相談ください。



各治療方法のメリット・デメリット

 

ブリッジ

入れ歯

インプラント

メリット

左右の歯でしっかりと固定するので、動きにくい。
保険適用外の素材であれば、天然歯に近い仕上がりになる。

健康な歯を削る必要がない
保険の入れ歯であれば、安価で治療ができる

天然歯に近い噛み心地を得られる。
見た目が天然歯に近い。

デメリット

両隣の歯を削る必要がある。
汚れが蓄積しやすく、炎症が起きやすい。

ずれやすく、噛む際に違和感がある。
取り外して手入れをする必要がある。

オペを行う必要がある。
全身の健康状態が良好である必要がある。

ブリッジ

メリット
  • 左右の歯でしっかりと固定するので、動きにくい。
  • 保険適用外の素材であれば、天然歯に近い仕上がりになる。
デメリット
  • 両隣の歯を削る必要がある。
  • 汚れが蓄積しやすく、炎症が起きやすい。

入れ歯

メリット
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 保険の入れ歯であれば、安価で治療ができる。
デメリット
  • ずれやすく、噛む際に違和感がある。
  • 取り外して手入れをする必要がある。

インプラント

メリット
  • 天然歯に近い噛み心地を得られる。
  • 見た目が天然歯に近い。
デメリット
  • オペを行う必要がある。
  • 全身の健康状態が良好である必要がある。
Doctors File
ブログ もりわき歯科医院予防サイト
お問い合わせ 電話番号:03-3220-8877